ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > USBアナライザ(USB2.0)

USBアナライザ(USB2.0)

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月26日更新
設備利用
機器利用
分類
E:電気計測・電気安全:電子計測
対象
 
仕様

対応プロトコル:USB2.0
対応スピード:High Speed、Full Speed、Low Speed
メモリ長:512MB(据え置き型)、64MB(モバイル型)

用途
USBパケットの記録と再生および解析
USBバス通信トラフィック量の測定
通信エラーによる外部へのトリガ発行
製造者
Teledyne LeCroy Corporation
型番
据え置き型:US005APB-X(USB Tracer/Trainer)、フレーム型式 2500H
モバイル型:US008UAA-X(USB Mobile High Speed)
導入年度
2007
設置場所
本部
グループ
情報技術グループ
試験規格対応
備考

USB機器とパソコンとの間に本装置をつなぐことによりUSBパケットを記録できます。また、通信エラーによるトリガを外部に出力することが可能ですので、オシロスコープを組み合わせてアイパターンを測定するなど、USB機器開発において発生した通信トラブルの原因究明などにお役立て下さい。
これまでに以下のご利用実績がございます。

  • HID(Human Interface Device)クラスのデバイス側ドライバ開発
  • マスストレージ(SCSI Mass Storage)関連のプロトコル解析
  • UVC(USB Video Class)のフレーム欠損
  • Windowsアプリケーション(ホスト側)と機器アプリケーション(デバイス側)との問題切り分け
  • 通信エラーが生じた際のオスロスコープによる波形記録

お客さまご自身で操作する機器利用としてご利用いただけます。情報技術グループまで、お気軽にご相談ください。
料金については、上記設備利用内にあるリンク先にてご確認ください。

参考資料
トレース結果 [PDFファイル/138KB]
当センターでの研修教材として開発した2ボタンマウス(HID)のプロトコル解析結果です。NAKパケットによる通信遅延の解消に役立ちました。

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
機器利用 12.7. USBアナライザ  [1時間につき] C71 1,000円 1,900円

USBアナライザ

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ