ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 共焦点レーザー顕微鏡

共焦点レーザー顕微鏡

印刷用ページを表示する 更新日:2021年8月6日更新
設備利用
依頼試験機器利用その他
分類
C:顕微鏡:その他
対象
 
仕様
  • 光源:青色ダイオードレーザー(405 nm)、Arレーザー(458、476、488、514 nm)、 He-Neレーザー(543,633 nm)
  • 検出器:光電子増倍管、HyDフォトディテクター
  • 対物レンズ: 10×- 63× 油浸タイプ、水浸タイプの準備もあります。
  • 解析機能 長さ、面積、輝度など
用途
ピンホールを通った蛍光のみを検出することで焦点面のみの情報が得られるため、従来の顕微鏡に
比べてz軸方向の空間分解能が高い画像を取得することができます。
製造者
ライカ マイクロシステムズ
型番
TCS-SP5
導入年度
2011
設置場所
本部
グループ
組織変更に伴う更新作業中となります。
試験規格対応
備考

たとえば何ができる?

  1.  蛍光画像の取得
  2.  3次元画像の構築 、蛍光染色された物質の局在
  3.  スペクトルデータの取得
     
料金表については料金改定に伴う更新作業中となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
ご利用料金につきましては、機器利用一覧(料金表)依頼試験一覧(料金表)をご覧ください。

共焦点レーザー顕微鏡

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ