ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 分子間相互作用測定装置

分子間相互作用測定装置

印刷用ページを表示する 更新日:2019年4月5日更新
設備利用
機器利用その他
分類
A:分析・評価:機器分析
対象
 
仕様

【チャンネル(センサー)数】 1から4
【センサークリスタル】 4.95MHz、直径1mm、鏡面研磨、ATカット、金電極付き
【温度制御】 18から65℃安定性±0.02K
【周波数範囲】 1 から70MHz(周波数7種、最大13オーバートーン、4.95MHzのセンサー上で4.95から64.35MHz)

用途
分子間相互作用解析
製造者
メイワフォーシス株式会社
型番
Q-Sense E4
導入年度
2011
設置場所
本部
グループ
計測分析技術グループ
試験規格対応
備考

本装置では、水晶振動子の共振周波数変化によって、極めて微量な質量変化を計測できます。センサー表面に抗体を固定化し、抗原を含む溶液を導入することで抗原-抗体間の相互作用を解析できます。

オーダーメード型技術支援にて対応いたします。詳細はお問い合わせください。

分子間相互作用測定装置

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ