ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熱拡散率測定

印刷用ページを表示する 公開開始日時:2020年10月12日更新
状態
募集あるいは開催を終了した研修
種別
講習会
概要
『熱拡散率』『熱伝導率』等の熱物性測定が必要な方へ
熱拡散率や熱伝導率は、材料中の熱の伝わりやすさを示す値として広く用いられています。これらの値は材料開発や熱設計など、幅広い分野において熱物性を示す重要な指標の一つとして利用されています。
本講習会では、熱拡散率やフラッシュ法の原理や測定法などの講義につづき、キセノンフラッシュアナライザーを用いた固体材料の熱拡散率測定について実習を行います。
なお本講習会は、「機器利用ライセンス制度*」対象機器であるキセノンフラッシュアナライザー( NETZSCH 製LFA447 NanoFlash ⓇおよびLFA467 HyperFlashⓇ )を利用するための事前講習会となっています。
*:高度な先端機器をご利用いただくために、事前に操作技術を習得していただく制度です。
【新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力のお願い】
 ご場の際には必ずマスクの着用および弊センター備え付け消毒液で手指消毒のご協力をお願いいたします。

開催日時

日付
2020年11月27日金曜日
時間
10時00分から16時00分まで
日数
1日

会場

会場
本部
住所
〒135-0064 東京都江東区青海2-4-10

募集要項

定員
8名
受講料(消費税込み)
3,500円
お申込・お問い合わせ
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 技術経営支援室 技術振興係 講習会・セミナー担当
〒135-0064東京都江東区青海2-4-10 
TEL:03-5530-2308 FAX:03-5530-2318
開催案内

開催案内 [PDFファイル/414KB]

備考
定員に達したため、予定前に募集を締め切らせていただきました。

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ