ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

放射線遮へいの基礎と動向

印刷用ページを表示する 公開開始日時:2020年11月6日更新
状態
募集あるいは開催を終了した研修
種別
講習会
概要
近年、医用放射線の取り扱いの多様化が進み、放射線(X線)遮へいにはこれまで以上に幅広い知識や技術が求められてきています。本講習では、JIS T 61331シリーズを含む診断用X線に対する防護用具規格の動向を紹介するとともに、放射線遮へいの基礎、応用測定、放射線計測における不確かさなどを裏付けとなる理論に触れつつ解説します。
また、線量測定、不確かさの計算、エネルギースペクトルの測定を実習形式で行います。研修の受講対象者は主に医用放射線遮へい用具や建材を使用又は販売等で取り扱う方を想定しています。
この研修により、X線遮へい試験の実践を交えた基礎と動向を習得できます。

【新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力のお願い】
 ご来場の際には必ずマスクの着用および弊センター備え付け消毒液で手指消毒のご協力をお願いいたします。

開催日時

日付
2020年11月12日木曜日
時間
10時00分から16時00分
日数
1日

会場

会場
本部
住所
〒135-0064 東京都江東区青海2-4-10

募集要項

定員
5名
受講料(消費税込み)
3,900円
お申込・お問い合わせ
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 技術経営支援室 技術振興係 講習会・セミナー担当
〒135-0064東京都江東区青海2-4-10 
TEL:03-5530-2308 FAX:03-5530-2318
開催案内

開催案内 [PDFファイル/329KB]

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ