ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 産業人材育成 > 技術セミナー・講習会のご案内 > 親密化するデザインと製造 生産現場から見るジェネレーティブデザインの活用方法

親密化するデザインと製造 生産現場から見るジェネレーティブデザインの活用方法

印刷用ページを表示する 公開開始日時:2019年11月7日更新
状態
募集あるいは開催を終了した研修
種別
セミナー
概要
近年、さまざまな3D-CADや造形手法が登場し、デザインと製造は親密な関係を築くことが出来る様になりました。
ジェネレーティブデザインは、ひとつのアイデアから、数多くの高パフォーマンスな設計案がすばやく生成されます。ジェネレーティブデザインを利用すれば、ソリューションはひとつだけに終わりません。設計者一人では思いつかないような素晴らしいソリューションが次々と生まれ、そこからニーズに最適な設計を選択することができます。
本セミナーでは、講師にオートデスク株式会社から藤村先生、株式会社VOSTから濱谷先生をお招きし、3D-CADを用いたデザイン手法やジェネレーティブデザインの最新情報、切削加工から見る活用方法等、現在の生産現場で起こる新たなものづくりの潮流をご紹介いたします。
皆さまの業務に繋がる新しい技術をご提供いたします。

開催日時

日付
2019年11月8日金曜日
時間
13時30分から17時00分
日数
1日

会場

会場
本部
住所
〒135-0064 東京都江東区青海2-4-10

募集要項

定員
40名
受講料(消費税込み)
1,700円
お申込・お問い合わせ
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 技術経営支援室 技術振興係 講習会・セミナー担当
〒135-0064東京都江東区青海2-4-10 
TEL:03-5530-2308 FAX:03-5530-2318
開催案内

開催案内 [PDFファイル/314KB]

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ