ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 産業人材育成 > 技術セミナー・講習会のご案内 > Python・Chainerを利用した深層学習入門

Python・Chainerを利用した深層学習入門

印刷用ページを表示する 公開開始日時:2019年9月24日更新
状態
募集あるいは開催を終了した研修
種別
講習会
概要
近年、AI(人工知能)を用いた画像処理技術への関心が高まっており、工場の検査の自動化や監視カメラの映像の自動解析などへの応用がなされています。
 本講習では、プログラミング言語PythonとディープラーニングフレームワークChainerを利用して、画像認識の入門的な内容について、実践を通して学習します。
受講対象者としては、基本的なプログラミング開発能力のある方を想定しています。具体的には、Python言語の経験者である必要はありませんが、for文等の制御構文や関数、クラスの基礎を理解していることが必要となります。
この研修により、Python言語を用いた深層学習による画像処理の基礎を習得できます。

開催日時

日付
2019年10月18日 金曜日
時間
10時00分から17時00分
日数
1日

会場

会場
本部
(教室)
〒135-0064東京都江東区青海2-4-10

募集要項

定員
20名
受講料(消費税込み)
4,600円
応募締切
2019年10月11日 金曜日
お申込・お問い合わせ
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 技術経営支援室 技術振興係 講習会・セミナー担当
〒135-0064東京都江東区青海2-4-10 
TEL:03-5530-2308 FAX:03-5530-2318
開催案内

開催案内 [PDFファイル/331KB]

備考
定員に達したため、予定前に募集を締め切らせていただきました。

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ