ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 産業人材育成 > 技術セミナー・講習会のご案内 > 景品表示法を踏まえた生体計測による生活製品評価入門

景品表示法を踏まえた生体計測による生活製品評価入門

印刷用ページを表示する 公開開始日時:2019年6月18日更新
状態
募集あるいは開催を終了した研修
種別
セミナー
概要
生活製品とりわけ健康関連製品を開発し、生体計測データに基づく製品の差別化を目的とした広告宣伝を行う場合、景品表示法の遵守が欠かせません。本セミナーは景品表示法の基礎事項に加え、とりわけ不実証広告に焦点を当てて学んでいただきます。ご講演いただく植村先生は、東京都主催の事業者向けコンプライアンス講習会でのご講演や「製造も広告担当も知っておきたい景品表示法ガイドブック」を執筆されるなど第一線でご活躍されています。併せて、昨年度末に新規開設した生活動作計測スタジオを含む都産技研で利用可能な生体計測機器をご紹介します。
生体計測による製品評価を検討中あるいは以前に試みたが断念した方や、それら評価結果を製品開発や商品企画に活用したい方など製品企画から営業まで幅広い部門の方を対象としています。

開催日時

日付
2019 年 6 月 20 日 木曜日
時間
13時30分から17時00分
日数
1日

会場

会場
墨田支所 生活技術開発セクター
住所
東京都墨田区横網1-6-1国際ファッションセンタービル12階
電話番号
03-3624-3731
ファックス番号
03-3624-3733

募集要項

定員
40 名
受講料(消費税込み)
1,700 円
お申込・お問い合わせ
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
墨田支所 生活技術開発セクター講習会・セミナー担当
〒130-0015
東京都墨田区横網1-6-1国際ファッションセンタービル12階
TEL:03-3624-3731 FAX:03-3624-3733
開催案内

開催案内 [PDFファイル/308KB]

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ