ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ガラス製品の破損事故解析

印刷用ページを表示する 公開開始日時:2019年2月28日更新
状態
募集あるいは開催を終了した研修
種別
講習会
概要
身の回りにはたくさんのガラス製品があり、我々の生活と技術の進歩を支えています。ガラスを使うことによるメリットがある反面、デメリットである「割れやすさ」は避けることができません。しかし、ガラス製品が破損してもその原因を追究し、再発防止の対策を立てることで、よりよい製品の開発に繋がります。
本講習では、破損事故解析の基礎を学んだ後、実際の事例を基にした具体的な事故解析の方法を紹介します。講習会で得た知識とスキルを現場に持ち帰ってすぐに使うことができます。自社製品の破損事故解析を担当されている方、これから学ぼうと思われている方、ガラスの破損について日頃から興味や疑問をお持ちの方のご参加をお待ちしております。

開催日時

日付
平成31年3月12日
時間
13時00分から17時00分
日数
1日

会場

会場
本部
住所
〒135-0064 東京都江東区青海2-4-10

募集要項

定員
12名
受講料(消費税込み)
3,000円
お申込・お問い合わせ
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 技術経営支援室 技術振興係 講習会・セミナー担当
〒135-0064東京都江東区青海2-4-10 
TEL:03-5530-2308 FAX:03-5530-2318
開催案内

開催案内 [PDFファイル/304KB]

備考
定員に達したため、予定前に募集を締め切らせていただきました。

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ