ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 産業人材育成 > 技術セミナー・講習会のご案内 > RoHS指令に対応した六価クロム測定実習

RoHS指令に対応した六価クロム測定実習

印刷用ページを表示する 公開開始日時:2018年11月19日更新
状態
募集あるいは開催を終了した研修
種別
講習会
概要
2013年からRoHS指令はCEマーキングの対象となり、品質管理体制の強化が求められるようになりました。規制対象物質のうち六価クロムについては、めっき製品の製造過程における汚染・混入を抑制するために品質管理の強化がはかられています。
 本講習では、まず六価クロムに焦点をあてRoHS適合のための品質管理体制の構築について解説し、次にクロメート製品等めっき製品のRoHS適合判定に使われる熱水抽出-ジフェニルカルバジド法による六価クロム測定法について解説いたします。その後、品質管理の現場で簡便に実施可能な市販分析キットを用いためっき製品中の六価クロム検出方法を実習形式で習得していただきます。測定したい試料をご用意いただければ、お持込いただいた試料を用いて六価クロムの判定が可能です。(事前に確認させていただきます。)

開催日時

日付
平成30年12月11日 火曜日
時間
13時00分から17時00分
日数
1日

会場

会場
本部
会場(外部)
本部
住所
〒135-0064 江東区青海2-4-10

募集要項

定員
5名
受講料(消費税込み)
3,000円
お申込・お問い合わせ
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 技術経営支援室 技術振興係 講習会・セミナー担当
〒135-0064東京都江東区青海2-4-10 
TEL:03-5530-2308 FAX:03-5530-2318
備考
定員に達したため、予定前に募集を締め切らせて頂きました。

ページの先頭へ