ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

VOC排出抑制と計測技術

印刷用ページを表示する 公開開始日時:2018年10月5日更新
状態
募集あるいは開催を終了した研修
種別
講習会
概要
揮発性有機化合物(VOC)は塗装や印刷、クリーニングなどの工場で溶剤として広く用いられています。これは揮発しやすい(はやく乾く)、油が溶けやすいといった特長があるためです。しかしその一方、大気に放散したVOCは、太陽からの強い紫外線を受けて、工場や自動車から排出される窒素酸化物と反応し、光化学オキシダントを発生させ、光化学スモッグの原因となっています。
本講習会では、光化学スモッグ対策の観点から、東京都におけるVOCの削減目標や排出内訳、夏季のVOC排出抑制の必要性や、工場における自主的取組への東京都の技術支援について解説します。
さらに、都産技研が保有する塗装ブースを利用して、排ガス風量の測定方法、排ガスのサンプリング方法、水素炎イオン化形VOC分析計(FID)による排ガス中のVOC濃度の計測方法に関する講義・実習を行います。
当日は、作業できる服装でご参加ください。

開催日時

日付
平成30年10月12日金曜日
時間
15時00分から17時00分
日数
1日

会場

会場
本部
住所
〒135-0064 江東区青海2-4-10

募集要項

定員
5名
受講料(消費税込み)
1,500円
お申込・お問い合わせ
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 技術経営支援室 技術振興係 講習会・セミナー担当
〒135-0064東京都江東区青海2-4-10 
TEL:03-5530-2308 FAX:03-5530-2318
開催案内

開催案内 [PDFファイル/324KB]

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ