ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > MTEPメールニュース > MTEPメールニュースH28-14号(通巻33号)

MTEPメールニュースH28-14号(通巻33号)

印刷用ページを表示する 更新日:2017年3月2日更新

=============================================================
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター  輸出製品技術支援センター
      MTEP メールニュース 2017年2月27日 H28-14号(通巻33号)
               http://www.iri-tokyo.jp/site/mtep/
=============================================================

┏━  トピックス  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)MTEP無料セミナー(3月6日)
  「【グローバル人材育成 アジア編】中国、韓国、台湾の認証制度」
(2)MTEP無料セミナー(3月17日)
  「世界に通用するものづくりセミナー
   製品含有化学物質規制の動向と管理方法」
(3)MTEP無料セミナー(3月21日)
  「世界に通用するものづくりセミナー
   新EMC指令とRE(無線機器)指令」
  (講師:Jan Coenraads氏, Secretary REDCA and Secretary EUANB)
(4)MTEP無料セミナー(3月27日)
  「MTEPミニ講座  RoHS指令超入門(第6回)」
(5)「MTEP海外規格解説テキスト」新タイトルを発行
(6)MTEPの専門相談
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

……………………………………………………………………………………………

(1)MTEP無料セミナー(3月6日)
  「【グローバル人材育成 アジア編】中国、韓国、台湾の認証制度」

 近年、経済成長が著しい中国に続き、韓国、台湾も大きな輸出相手国となって
います。これらの国々へ電気製品を輸出する際には、国ごとに異なる認証制度を
理解しておくことが重要です。本セミナーでは、東アジアのなかでも特に法規制
が厳格な中国、韓国、台湾について、電気安全や通信・電波利用機器に関する規
制の概要や認証制度を紹介します。
※遠隔セミナーシステムにより、都産技研多摩テクノプラザでも受講できます
(定員20名程度)。

  • 開催日時:平成29年3月6日 月曜日 13時30分から16時40分
  • 会場:本部(江東区青海2-4-10)
  • 遠隔セミナー会場:多摩テクノプラザ(昭島市東町3-6-1)
  • 受講料:無料
  • 定員:80名
  • 受講対象:原則として都内中小企業の方
                  (都外の方でも東京に本社、事業所等があれば応募できます。)

 【応募締切:平成29年3月3日 金曜日】

詳細はこちら ⇒ http://www.iri-tokyo.jp/seminar/170306mtep-cnkrtw.html

……………………………………………………………………………………………

(2)MTEP無料セミナー(3月17日)
  「世界に通用するものづくりセミナー
   製品含有化学物質規制の動向と管理方法」

 本セミナーでは、日本におけるサプライチェーンで重要となる下請法の概要や、
製品含有化学物質の新しい情報伝達スキームであるchemSHERPAの概要、製品含有
化学物質規制の最新動向を解説します。

  • 開催日時:平成29年3月17日 金曜日 13時00分から17時20分
  • 会場:秋葉原コンベンションホール 5階カンファレンスフロア 5B
            (千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル 5F)
  • 受講料:無料
  • 定員:100名
  • 受講対象:原則として都内中小企業の方
                 (都外の方でも東京に本社、事業所等があれば応募できます。)

 【応募締切:平成29年3月10日 金曜日】

詳細はこちら ⇒ http://www.iri-tokyo.jp/seminar/chemicals-in-products.html


……………………………………………………………………………………………

(3)MTEP無料セミナー(3月21日)
  「世界に通用するものづくりセミナー
   新EMC指令とRE(無線機器)指令」

 新EMC 指令(2014/30/EU)は2016年4月20日、 RE指令(2014/53/EU)は、
2016年6月13日から強制適用となりました。
 本セミナーでは、欧州より講師を招聘し、現地からの最新動向を解説します。
EU法で求められる事業者(製造者、輸入者、代理店など)の役割や、両指令に
適用される重要なポイント、新指令で求められるリスクアセスメントへの対応
等について紹介いたします。 

  • 開催日時:平成29年3月21日 火曜日 13時30分から16時40分
  • 会場:秋葉原コンベンションホール
            (千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル 2F)
  • 受講料:無料
  • 定員:100名
  • 受講対象:原則として都内中小企業の方
                  (都外の方でも東京に本社、事業所等があれば応募できます。)

 【講師プロフィール】
Jan Coenraads氏, Secretary REDCA and Secretary EUANB
長年の間、CISPR 小委員会委員長を務め、国内外のIEC・CISPR規格やCENELECな
どのEMC標準化活動に貢献。EMC指令およびRE指令の開発の交渉に携わり、世界中
の適合性評価機関等のトレーニングにも携わる。

 【応募締切:平成29年3月14日 火曜日】

詳細はこちら ⇒ http://www.iri-tokyo.jp/seminar/170321emc-re.html

……………………………………………………………………………………………

(4)MTEP無料セミナー(3月27日)
  「MTEPミニ講座  RoHS指令超入門(第6回)」

 2013年1月に改正されたRoHS指令は、CEマーキングへの適合が求められています。
 本講座では、初めてRoHS指令へ取り組む方を対象に、RoHS指令の基礎的事項、
用語の解説、制度の概要を解説します。

  • 開催日時:平成29年3月27日 月曜日 14時30分から16時40分
  • 会場:本部(江東区青海2-4-10)
  • 受講料:無料
  • 定員:20名

 【応募締切:平成28年3月21日 火曜日】

詳細はこちら ⇒ http://www.iri-tokyo.jp/seminar/170327mtep-rohs6.html

……………………………………………………………………………………………

(5)「MTEP海外規格解説テキスト」新タイトルを発行

 MTEPでは、製品を海外へ輸出する際に役立つ海外規格解説テキストを作成し、
中小企業の皆さまに無料配布しています。
 現在、EUに輸出する際のCEマーキングや海外規格対応などを解説したテキス
トや、日頃問い合わせの多い各種認証制度の概要や最新情報をまとめたシリー
ズを配布中です。
 今年度、以下のタイトルを新たに発行しました。
 ご希望の方は、MTEP「海外規格解説テキスト お申し込みフォーム」からお申
し込みください。

《新規発行タイトル》

◆海外規格解説テキスト CEマーキング入門シリーズ  
 EU 指令/EMC 指令/低電圧指令/ RoHS指令/機械指令
◆国際規格・海外規格入門シリーズ
 東南アジア(マレーシア、シンガポール、タイ)編
◆MTEP Guidebook Series
 No.4 各国無線認証制度―欧州、米国、中国、韓国、台湾―
 No.5 各国省エネルギー制度―欧州、米国、中国、韓国、台湾―
 No.6 CB認証制度とIEC 62368-1

平成29年3月以降 発送予定(お申し込みは順次受け付けます)

詳細はこちら ⇒ http://www.iri-tokyo.jp/site/mtep/manual.html
お申し込みフォームはこちら ⇒ https://www.iri-tokyo.jp/ques/questionnaire.php?openid=8&check


……………………………………………………………………………………………

(6)MTEPの専門相談

自社製品を海外に輸出する場合の課題となる
「輸出先にはどんな製品規格があるか」
「どんな試験に適合しなければならないか」
など、技術に関するさまざまな相談に応じています。
電気、機械、化学などの海外規格に精通した20名を越える専門相談員が、
皆さまのご利用をお待ちしています。相談は事前予約制ですので、
MTEP相談フォームよりお問い合わせください。

詳細はこちら ⇒ http://www.iri-tokyo.jp/site/mtep/sodan.html
相談予約はこちら ⇒ https://www.iri-tokyo.jp/site/mtep/sodan-yoyakuflow.html


================================
◎配信申込いただいた方にお送りしています。
◎本メールは、送信専用メールアドレスです。
  配信・アドレス変更・配信中止をご希望の方は、件名を
「メールニュース配信(希望・変更・中止のいずれか該当するもの)」
とし、メールアドレスを mtep@iri-tokyo.jpまでご連絡ください。
(変更希望は旧アドレスもお知らせください。)
◎ご意見、ご希望等がございましたらぜひお聞かせください。
◎原則として、転送・複製は自由です。
◎本メールニュース配信の申し込みを通じて登録いただいた個人情報は
「個人情報保護についての取り組み」に基づき、適切に取り扱います。
→ http://www.iri-tokyo.jp/site/tiri/privacypolicy.html

=================================
東京都立産業技術研究センター 輸出製品技術支援センター
TEL 03-5530-2126 FAX 03-5530-2516 E-mail mtep@iri-tokyo.jp


ページの先頭へ