ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

技術審査

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月19日更新

都産技研では、相談、試験、研究に加えて、東京都や区市町村、商工団体等からの要請を受け、新製品・新技術開発等に関する認定・助成事業、表彰等、年間約4,000件を越す審査業務を行い、産業振興に役立てています。

技術審査事業への新しい取り組み

技術の進歩に伴い、産業振興に役立つ「客観的で正確な技術の評価」のニーズが益々高まっています。

都産技研は、中立性、公平性、守秘義務の遵守の立場を活かして、平成16年度から「技術審査事業」を事業の柱の一つと位置づけ、新しい取り組みを進めています。

基本的な審査の手順を図1に、審査の流れを図2に示します。

区市町村、商工団体からの技術審査要請に対応

区市町村や商工団体等からの審査依頼については依頼先の意向と事業目的を的確に把握し、契約書を取り交わした後、技術審査を実施します。

技術審査技法の調査研究と開発

技術審査の目的やニーズが多様化してきている中、依頼者からは常に質の高い評価手法が求められてきます。

都産技研では「技術審査」に関する内外の情報を収集し、都産技研が実施する「技術審査」の対象、範囲、評価方法などを研究し、その技法の確立を目指しています。

都産技研の「技術審査事業」が、「客観的で正確な技術評価」として一層信頼されるよう、検討を続けています。

図1 審査事業の手順(例)

図2 審査の流れ(例)

 


ページの先頭へ