ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

沿革

印刷用ページを表示する 更新日:2018年4月10日更新

1921年(大正10年)10月
府立東京商工奨励館(東京都立工業奨励館の前身)設立

1924年(大正13年)8月
東京市電気研究所(東京都電気研究所の前身)設立

1927年(昭和2年)3月
東京府立染織試験場(東京都立繊維工業試験場の前身)設立

1959年(昭和34年)7月
東京都立アイソトープ総合研究所設立

1970年(昭和45年)12月
東京都立工業奨励館と東京都電気研究所を統合し、東京都立工業技術センター設立

1997年(平成9年)4月
東京都立工業技術センターと東京都立アイソトープ総合研究所を統合し、東京都立産業技術研究所として発足

2000年(平成12年)4月
東京都立繊維工業試験場と統合

2006年(平成18年)4月
東京都立産業技術研究所と城東地域中小企業振興センター、城南地域中小企業振興センター、多摩中小企業振興センターの技術部門を統合するとともに、地方独立行政法人へ移行し、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターとなる

2010年(平成22年)2月
多摩テクノプラザ開設

2011年(平成23年)10月
臨海副都心青海地区に本部を開設

2015年(平成27年)4月
タイ王国にバンコク支所開設


ページの先頭へ