ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > デザイン技術グループ

デザイン技術グループ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月1日更新

デザイン技術グループは、ユーザーに喜ばれるものづくりをめざす中小企業のデザイン支援を行っています。

担当分野は「マーケティングデザイン」と「ユーザビリティデザイン」で構成されています。

「マーケティングデザイン」は、ユーザーに訴求できる製品を提案するために、製品の意匠性を高め、付加価値を創出の支援をします。

ユーザーが製品を使ったときに得られる経験(ユーザーエクスペリエンス)や潜在的なニーズを製品設計にフィードバックし、感性工学を活用したデザイン開発を行っています。

  • 担当技術:企画、パッケージ、グラフィック、Web,販促ツール

 

「ユーザビリティデザイン」は、企業の技術シーズや製品コンセプトをもとにデザイン開発から試作までを担当します。

ユニバーサルデザインや人間中心設計の考え方を基本とし、工業デザイン、アパレルデザインに関する中小企業の製品開発を支援しています。

  • 担当技術:プロダクト設計及び試作、アパレル設計及び試作

グループ長:大泉 幸乃
連絡先:03-5530-2180

担当分野のご紹介

デザイン技術グループの担当分野

マーケティングデザイン

マーケティングデザインでは、言語化できないニーズを行動観察などから抽出し、これに基づいた企画提案、商品開発などの支援を行います。

また、パッケージ、チラシ、web、販売促進ツール等のコミュニケーションデザインを行うことで、中小企業の「売れるものづくり」を支援します。

ユーザビリティデザイン

ユーザビリティデザインは、企業の技術シーズや製品コンセプトをもとにデザイン開発から試作までを担当します。

ユニバーサルデザインや人間中心設計の考え方を基本とし、工業デザイン、アパレルデザインに関する中小企業の製品開発を支援しています。

 

技術セミナー・講習会

デザイン技術グループでは「売れるデザインブランド」「売れる製品開発の支援」の一環として、中小企業の企画力向上のための人材育成を行っています。

 

商品企画・マーケティング関連

  • デザイン思考を活用した商品開発基礎講座(2日間)
  • 自社商品を売るための仕組みづくり
  • 中小企業のための「売れるブランドづくり」(板橋区共催セミナー)
  • 展示会を成功させる仕組みづくりとブースデザイン

 

アパレル・プロダクトデザイン関連

  • 「ジュネーブモーターショー2017」・「ミラノサローネ2017」から読み解く加飾の素材・加工・デザイン動向
  • 2018 年春夏レディースファッショントレンド情報
  • デザイン + 素材 + 加工最前線2017(後期)
  • 2018 年秋冬レディースファッショントレンド情報
  • 実践グラフィック入門(実習)

 

販売促進ツール作成関連

  • グラフィックソフトを使ったチラシデザイン
  • グラフィックソフトを使った展示会パネルデザイン
  • Power Point で作るチラシ講習会
  • Word で作るチラシ講習会
  • ホームページ作成入門編
  • ホームページ作成中級編
  • パッケージデザイン入門

 

詳細、お申し込みは、技術セミナー・講習会一覧ページへ

 


ページの先頭へ