ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 3Dものづくりセクター

3Dものづくりセクター

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月20日更新

セクターの紹介

3Dものづくり技術の駆使による事業化に向けた「プロセスの革新」と、最終的な「プロダクトの革新」を目指す世界に勝つ中小企業の製品開発への支援を目指して設置しました。

3Dものづくりセクターでは、以下の特徴を有しています。

  1. 3D-CAD設計をベースにした3Dものづくりの総合的支援
  2. 樹脂粉末および金属粉末などを材料にしたAM※(3Dプリンター)の駆使による様々な造形への対応
  3. 高精度な寸法測定と形状測定技術による品質評価を支援

 ※AMとはAdditive Manufacturingの略です。

セクター長 阿保 友二郎
連絡先(03)5530-2150

担当分野の紹介

設計検証

3D-CADの導入から運用、CAEによる構造解析、3Dデータのデジタイズ等に関する試験・研究・相談

金属造形

金属粉末によるAM(3Dプリンター)に関する試験・研究・相談

樹脂造形

樹脂粉末によるAM(3Dプリンター)に関する試験・研究・相談

品質評価

長さ・角度・形状等の測定、表面粗さ測定、計測機器の校正に関する試験・研究・相談

 


ページの先頭へ