色の変更
文字の大きさ
小
中
大

ここから本文です。

広域首都圏輸出製品技術支援センター > 海外規格適合性評価試験サービス > 経済産業省平成24年度補正予算「地域新産業創出基盤強化事業」(関東地域)

最終更新日:2014年3月26日

経済産業省平成24年度補正予算「地域新産業創出基盤強化事業」(関東地域)
製品開発機器や試験評価設備のご紹介

  広域首都圏1都10県東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県、静岡県)にある12公設試験研究機関(公設試)は、経済産業省平成24年度補正予算「地域新産業創出基盤強化事業」の活用により、中小企業の海外展開支援に対応する製品開発機器や試験評価設備を28機種導入しました。
  これらの機器をご利用いただくことにより、広域首都圏の産業の活性化、イノベーションの創出など、成長産業分野の新たな事業展開が推進されることを目的としています。

導入した28機種は以下の5つの技術試験分野に分かれています。

1 金属材料試験(15機種) ISO 規格等に準拠した自動車、航空機、医療関連機器の機能性材料開発や、信頼性、安全性の評価に活用できる機器です。
2 照明試験(3機種) 電子部品や光学材料の特性評価ができます。
3 電気安全・EMC指令、RoHS指令(6機種) EU規制に対応したEMCやRoHS関連試験に対応します。
4 長さ試験(3機種) 医療や航空宇宙分野における製品や部品の寸法・精度測定に活用できます。
5 情報通信試験(1機種) IEEE等の規格に準じた高速デジタル信号解析装置です。

「地域新産業創出基盤強化事業」(関東地域)導入機器一覧

金属材料試験分野(15機種)
金属顕微鏡、疲労試験機 茨城県工業技術センター
超高感度熱分析システム 群馬県立産業技術センター
走査型電子顕微鏡システム 千葉県産業支援技術研究所
微小部X線光電子分光分析装置 神奈川県産業技術センター
レーザー顕微鏡、デジタルマイクロスコープ、薄膜硬度計 新潟県工業技術総合研究所
粉体物性解析システム、紫外・可視・近赤外分光光度計、促進耐候性試験機、三次元変角光度計 長野県工業技術総合センター
X線回折装置フーリエ変換赤外分光光度計 山梨県工業技術センター
紫外・可視・近赤外分光光度計 山梨県富士工業技術センター
照明試験分野(3機種)
可視・赤外顕微分光測定器光学素子用エリプソメータBRDF(拡散反射率(透過率)分布)測定器 東京都立産業技術研究センター
電気安全・EMC 指令、RoHS 指令分野(6機種)
冷熱衝撃試験機 茨城県工業技術センター
プラズマ発光分析装置、放射イミュニティシステム、超低温恒温恒湿装置 栃木県産業技術センター
蛍光X線分析装置 新潟県工業技術総合研究所
車載機器用伝導EMC 試験システム 静岡県工業技術研究所
長さ試験分野(3機種)
高精度X線CT 三次元測定機、三次元非接触測定機 埼玉県産業技術総合センター
三次元非接触測定機 静岡県工業技術研究所
情報通信試験分野(1機種)
高速デジタル信号解析システム 群馬県立産業技術センター

リンク先 海外展開支援サービスの詳細はこちらをご覧ください(PDF:3,851KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

広域首都圏輸出製品技術支援センター お問い合わせ先

国際化推進室(MTEP) 

TEL:03-5530-2126

国際規格や海外の製品規格に関するご質問・ご相談は「MTEP相談フォーム」をご利用ください。

MTEP相談フォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ