色の変更
文字の大きさ
小
中
大
  • ホーム
  • 都産技研概要
  • 技術支援
  • 製品開発支援
  • 研究開発
  • 産業人材育成
  • 産業交流
  • 技術経営支援
  • 情報発信

ここから本文です。

ホーム > 技術経営支援 > 知的資産経営支援

最終更新日:2015年12月10日

知的資産経営支援

― 自社の強みを把握、活用、業績の向上へ ― 

  企業が生き抜くための競争力の源泉として「自社の強み」を、把握していますか?その強みを幾つ挙げることができますか?また、それらが自社の強みである理由は何ですか?
以上の答えがなかなか出てこない経営者のために、「知的資産経営講座」があります。

矢印 1.なぜ「知的資産経営」なのか
矢印 2. 無形の強みである「知的資産」とは
矢印 3. 知的資産の分類
矢印 4. 知的資産を活用した経営「知的資産経営」
矢印 5. 知的資産経営報告書の基本構成

 

都産技研の知的資産経営講座

知的資産経営を理解いただくための講座を行なっています。

知的資産経営の導入へ向けたステップ

都産技研のセミナー等を通じ、知的資産経営の魅力を知って頂きます。
技術経営アドバイザーおよび都産技研担当者による事前ヒアリングをさせて頂きます。

第一回訪問
  • 経営層と知的資産に関するヒアリングを行います。
  • 必要に応じ事前アンケートを行う場合もあります。
第二回訪問
  • ヒアリング結果に基づいた「事業ストーリー」*を提示し、さらなるヒアリングを通じて見えざる”強み”の把握と理解を深めます。
  • 知的資産経営報告書簡易版(A4で1枚程度)作成に向けての講義をします。
  • 作成希望の場合は、骨子を作成していただきます。

(*事業ストーリー:知的資産がどのように価値獲得につながっているかを説明したものです)

第三回訪問
  • 完成版「事業ストーリー」を提示します。
  • これまでの事業ストーリーの問題点や次期事業戦略策定に向けての解説や討論を行います。
  • 作成していただいた経営報告書簡易版の骨子について討論し、完成に向けて提案します。
※訪問回数は3か月以内に3回以上とします。回数はご相談に応じます。

矢印
見えざる“強み”を活かして競争力UP!!

都産技研  知的資産経営講座  終了企業紹介

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ