色の変更
文字の大きさ
小
中
大
  • ホーム
  • 都産技研概要
  • 技術支援
  • 製品開発支援
  • 研究開発
  • 産業人材育成
  • 産業交流
  • 技術経営支援
  • 情報発信

ここから本文です。

ホーム > 都産技研概要 > 組織紹介 > デザイン技術グループ > 平成27年度「販売促進企画講座」募集のご案内

最終更新日:2015年8月26日

 

平成27年度ブランド確立実践ワークショップ「販売促進企画講座」募集のご案内

“売れる力”で差をつける!!「販売促進企画講座」募集のご案内

脱!自己流マーケティング。自社の事業に合った販売セオリーを知る!

販売促進の全体像を学び、売れる販促ツールのポイントを押さえます。

商品の良さを見出し、どんなツールにどう表現するのか?
販売促進企画の一連の流れをワークショップを通して学びます。

本講座は、自社商品やサービスについて、その良さを見出し、新たな売り先に対してアプローチしていく方法を、ワークショップを通じて身につける講座です。

本講座で身につくポイント

販売促進の全体像を学び、売れる販促ツールのポイントを押さえます。 

講座概要

 項目 内容
開催期間 平成27年7月2日(木曜日)~平成28年2月9日(火曜日)[全14回]
会場

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 本部

〒135-0064 東京都江東区青海2-4-10

TEL:03-5530-2180

対象企業

原則として都内中小企業者であり、自社新商品・サービス販売の課題を有している企業。

都外の方でも東京に本社、事業所等があれば応募できます。

定員 20名 ※応募多数の場合は選考させて頂きます。
受講料
 (消費税込み)

1名:57,900円

御社の事業を加速するために、複数名で受講されると効果的です!

 ※商品企画基礎講座と同時受講することも可能です。

申込締切

6月26日(金曜日)まで。  申込みは締め切りました

 ※締切日が過ぎても空きがある場合は受講可能ですので、お問い合わせください。

受講可否

申込締切後、受講予定者には受講料払込書を郵送致します。

定員等の関係で受講をお断りする場合は、電話・FAX等にてご連絡いたします。

講師 現役で活躍するデザイナー、中小企業診断士、コピーライターなどの専門家
申込・問合せ先

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター システムデザインセクター

担当:小池・中田・薬師寺

本部:〒135-0064 東京都江東区青海2-4-10

TEL:03-5530-2180 FAX:03-5530-2318

※「販売促進企画講座」のカリキュラム、講師等詳しい内容は下記のご案内をご覧下さい。

 「販売促進企画講座」ご案内・申込書(PDF:1,211KB)  

販売促進企画講座 内容・スケジュール(全14回)

企画の基礎

(3回)

1.事業を戦略的に考える/勝てるアイデアの見つけ方

事業可能性評価と事業構想書についての概論

ユーザーの希望、欲求の具体的なイメージを出す

7月2日(木曜日)

10時00分~17時00分,6時間

2.勝てるアイデアの育て方

自社の既存の価値を見つける

自社の新しい価値を作る

7月9日(木曜日)

10時00分~17時00分,6時間

3.誰でもできる企画の基本

アイデアを企画書にまとめる

7月16日(木曜日)

10時00分~17時00分,6時間

(自由受講)

 

経営計画(1)

経営計画(2)

    

利益計画

資金計画

7月23日(木曜日)、30日(木曜日)

:10時00分~12時00分,2時間ずつ

販促戦略

(1回)

4.売れる販促の全体をつかむ

マーケティングと販促の全体像

販促戦略の立て方

8月27日(木曜日)

:10時00分~17時00分,6時間

販促戦術

(5回)

5.顧客の気持ちをつかむツールとは

顧客心理段階とは?

どんなツールがあるのか?

9月17日(木曜日)

:13時00分~17時00分,4時間

6.実践!販促ツールの使い方

顧客の心理段階に沿ったリレーション計画を設計する

10月1日(木曜日)

:13時00分~17時00分,4時間

7.集客力をアップするイベント企画

(平山 裕嗣氏)

イベントの企画から事後フォローについて

事例紹介

10月8日(木曜日)

:13時00分~17時00分,4時間

8.響くキャッチコピーとは?

競合調査から自社の強みを知る

強みからのコピーライティング

10月22日(木曜日)

:10時00分~17時00分,6時間

9.コピーで売り上げを伸ばす!

伝わる表現方法

プレスリリースの活用について

10月29日(木曜日)

:10時00分~17時00分,6時間

管理

(1回)

10.販促ツールを診断する!

リバースエンジニアリングとは

費用対効果を考える

自社販促物の見直しと改善

11月26日(木曜日)

:10時00分~17時00分,6時間

販促ツール企画

(4回)

11.マーケティングでチラシ・DMを強化する!

販促講座の振り返り(マーケティング)と媒体戦略

デザインの基本

自社紙媒体の実態を知る

平成28年1月19日(火曜日)

:10時00分~17時00分,6時間

12.強いチラシ・DMを設計する!

自社紙媒体のさらなる改善のためのワーク

平成28年1月26日(火曜日)

:10時00分~17時00分,6時間

13.売れる、集まるホームページの必須ポイント

売れるホームページに必要な要素、構成案の考え方

3C分析から自社のブランドイメージをデザインする

平成28年2月2日(火曜日)

:10時00分~17時00分,6時間

14.お金をかけずにWEBから問い合わせや受注を増やす方法

リスティング広告の活用法

ニッチキーワードの調べ方とseo対策

SNSの活用方法について

平成28年2月9日(火曜日)

:10時00分~17時00分,6時間

受講企業の声

販売促進企画講座 受講風景
  • グループワークや発表を通じて、自社商品や自社のWEBサイトや販促物に対して社外の方々(講師や受講生)のアイデアや質問をたくさんいただけたことが本当によかったです。メーカー側と消費者側に、いかにずれがあるのか実感しきりでした。
  • 段階的に学べてよかったと思います。今後の課題としてワークシートを社内で展開する時間がなく、講習内容を社内で展開できる機会が少なかった。
  • 今までの自分たちの販促は、会社側の視点でしかなく、ターゲットとなるお客さま側の視点に立たねばならないと痛感いたしました。
販売促進企画講座 受講風景
  • 販促物のキャッチは山梨先生のキャッチコピー質問票を参考にするようになりました。社内でも回覧し、おかげさまで喜んでいただきました。
  • これまで一人の担当が自分の考えだけで販促物を作っていたのですが、チームとして議論しながら、販促を考えるようになりました。学んだことをすぐに実践できるのが社内で販促物を作っている強みです。
  • 販促全般の知識を得たことによって、自社の業務を体系的に捉えることができるようになった。
販売促進企画講座 受講風景
  • 提案されたデザインやコピーについて漠然と雰囲気で評価していたのですが、観点が明確になったと思います。制作会社へのオーダーの仕方も変わりましたし、社内に対しても制作物の意図を説明しやすくなりました。
  • 他社の参加者の発表を何度も聞くことにより、他社の状況についても深く知ることができ非常に勉強になった。逆に、他社の参加者も自身の発表を何度も聞いているので、発表に対する意見・アドバイスが非常に的を得ていて参考になった。
  • WEBや広告等について、さまざまな視点で考えるようになりました。

各業界で活躍する講師陣

講師 田中康生氏

田中 康生氏 (販促戦略4、管理10担当)
ダイレクトメール推進協議会 代表

米国コンピュータメーカ営業、会計ソフトウェア会社にて商品戦略・マーケティング活動後、コンサルタントを経験し、印刷会社に入社、IT部門で大阪市GISなどのシステムを導入。

現在、代表として協議会運営全般の管理を行いながら、企業の社員研修や全国でのセミナー講師も年間数十回務める。

講師 熊谷淳一氏

熊谷 淳一氏 (販促戦術5、販促ツール企画13担当)
株式会社ノイエデザイン 代表取締役/デザイナー/販促コンサルタント


多摩美術大学卒業。1998年独立。
販促・集客ツール、ブランディング、ホームページなど企業のコミュニケーション活動全般に渡るデザインを手がけ、中小企業が業績を伸ばすためにマーケティングを駆使した「経営を伸ばすデザイン・売れるデザイン」を提供する。経営者対象に全国でデザインセミナーの講師も務めている。

講師 姫野裕基氏

姫野 裕基氏 (販促戦術6担当)
ひめの企画 代表/中小企業診断士

 

大手企業にてコピー機の飛び込み営業を9年間、その後ベンチャー企業の起ち上げに3年間携わる。
それらの経験を活かし、机上の空論に終わらないマーケティングを目指し、自ら店舗経営も行っている。

講師 平山裕嗣氏

平山 裕嗣氏 (販促戦術7担当)
ヤヨイ広告企画株式会社
有限会社メディアクロス 代表取締役

 

印刷会社を経て昭和56年、26歳で現在の会社を設立。

不動産広告のマーケティングから販促広告作成をメインに、新商品、新サービスのブランディング立上げから販売実践まで手掛けている。

講師 山梨栄司氏

山梨 栄司氏 (販促戦術8、9担当)
有限会社ビーサイド・ライブ 代表取締役

 

【小さな会社のためのマーケティング】を模索する中で、"売上がアップする文章"について、考えをまとめ始める。
2003年、文章作成講座「ことのは塾」を開講。700社の会員企業から毎日のように集まる、"売れる文章のコツ"や"知恵"をまとめ、発信を続ける。

講師 赤羽なつみ氏

赤羽なつみ氏 (販促ツール企画11、12担当)
マンダリンスタジオ 代表/デザイナー


カレンダー、手帳などの企画デザインから、食品、医薬品のパッケージデザインを行なう。
日常生活に密着した魅力ある商品づくりを目指し、最近は地域振興の事業にも参加している。
美術大学、デザイン専門学校の講師を務める。

講師 原島なほみ氏

原島なほみ氏 (販促ツール企画11、12担当)
Orso D’oro 代表

 

媒体社、広告代理店、通信販売会社を経て独立。

マーケティングからクリエィティブ、SP、媒体戦略まで現場発想のトータルプロデュースにこだわった活動を通じ、中小企業及び個人事業主の販促支援を行う。
経営管理学修士(MBA)

講師 高橋伸悟氏

高橋 伸悟氏 (販促ツール企画14担当)
有限会社高橋農園/マーケティングデザイナー


販売促進ツールの企画デザイン、新規事業立ち上げサポート、事業企画、販売促進企画、ブランディング、およびグラフィックツール類の企画、制作会社を経営。中小企業や大企業の若手の実践支援を手掛けている。

講師 齋藤厚氏

齋藤 厚氏 (経営計画(1)担当)

齋藤厚税理士事務所所長 税理士           


監査法人等勤務を経て2005年独立開業。会計・税務はもちろん、「経営計画作成サポート」を中心に、数字を社員と共有するオープンブックマネジメントの推進、経営会議運営サポート、さらに経営計画実現のため社員の方を対象とした研修にも取り組んでいる。

講師 添田裕美氏

添田 裕美氏 (経営計画(2)担当)

添田裕美税理士事務所所長 税理士           


2013年税理士登録。税理士事務所において延べ中小企業100社以上に関与。
その後独立し添田裕美税理士事務所を開設。
経営計画書作成の支援や決算分析、節税、相続対策など、中小企業経営者の身近な相談役として活躍している。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ